DNPの価値創造プロセス

DNPは、人財や知的財産等の非財務資本と財務資本を統合的に活かすとともに、ステークホルダーとの パートナーシップを強化して新しい価値を創造し、持続可能な社会の実現と企業価値の向上につなげていきます。

DNPの価値創造プロセスのイメージです。 1. 事業機会の拡大~リスクの影響を最小化しビジネスチャンスへ~ 2. 独自のリソースを掛け合わせ、強みのある製品?サービスを創出 3. 社会課題を解決するとともに人々の期待に応える新しい価値

1. 事業機会の拡大 ~リスクの影響を最小化し、ビジネスチャンスへ~

DNPは、企業理念に基づき、社会の課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値を提供し続けていくために、経済?社会?環境に関する課題とリスクを正しく認識し、【価値の創造】と【価値創造を支える基盤】の活動を通じて、事業環境の急激な変化にも対応していきます。

DNPグループ統合報告書2019の16-17ページ「リスクとチャンス」のイメージです

DNPグループ統合報告書2019 16-17ページ リスクとチャンス(PDF1.4MB)(PDFを開く)

2. 独自のリソースを掛け合わせ、強みのある製品?サービスを創出

DNPの資産と強みを生かし、パートナーと対話?協働することで新たな価値の創造に取り組んでいます。

独自のリソースを掛け合わせ、強みのある製品?サービスを創出する図です

強みのある製品?サービス

DNPは、国内外でトップシェアを獲得するような強みのある製品?サービスを創出しています。

情報コミュニケーション部門
  • ICカード関連事業:国内全体、国内金融市場でトップ
  • 写真プリント用昇華型熱転写記録材:全世界でトップ
生活?産業部門
  • PETボトル用無菌充填システム:国内のPETボトル製造量でトップ
  • 建装材:国内市場で床材?鋼板がトップ
  • リチウムイオン電池用バッテリーパウチ:全世界でトップ
エレクトロニクス部門
  • ディスプレイ用光学フィルム:全世界でトップ
  • 有機ELディスプレイ製造用メタルマスク:全世界でトップ

3. 社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値を提供

DNPは今、国内外で影響が拡大している社会課題に対して、事業を通じて、その解決を図っていく取り組みに力を入れています。「P&I(印刷と情報)」の強みでモノづくり基盤とICT(情報通信技術)基盤をより強固なものにし、 DNPならではの事業化テーマを選定して、新しい価値を生み出していきます。

「4つの成長領域」で新しい価値を創出します

DNPは、人と社会の課題をいち早く捉え、新しい価値を提供する対象として、次の4つをDNPの成長領域としています。

知とコミュニケーション

食とヘルスケア

住まいとモビリティ

環境とエネルギー

DNPグループビジョン「4つの成長領域」について詳しくはこちら

成長領域における事業化の推進

4つの成長領域において、DNPが取り組む事業化テーマです。

DNPグループ統合報告書2019の24-25ページ「4つの成長領域と事業化テーマ」のイメージです

DNPグループ統合報告書2019 24-25ページ 4つの成長領域と事業化テーマ(PDF1.3MB)(PDFを開く)

事業化事例

DNPの価値創造の取り組みとして事業化した事例を紹介します。

事業化事例 1
高度な情報セキュリティ基盤に支えられたDNPのBPO

国内外のBPOセンターなどを結ぶ事業ネットワーク図です

働き方改革と業務改革を先端技術でサポートし、顧客企業のイノベーションに貢献

DNPのBPOの事例

事業化事例 2
環境負荷低減による持続可能性の拡大

DNPの環境配慮パッケージ「GREEN PACKAGING」

持続可能な社会の実現に向けて――。DNPの環境配慮パッケージ「GREEN PACKAGING」

GREEN PACKAGINGの事例

事業化事例 3
人の移動や物流の価値を高める製品?サービス

EV向けワイヤレス充電用シート型コイルのイメージです

大電力伝送にも対応可能 EV向けワイヤレス充電用シート型コイル

EV向けワイヤレス充電用シート型コイルの事例